カテニオンで働く

カテニオンで働く

カテニオンでバイオ医薬品戦略コンサルタントとしてキャリアを積む

よくある質問

私たちのチームには、オンコロジー、免疫学、細胞生物学、神経科学、感染症生物学を初め様々なライフサイエンスの分野の科学者がいます。 カテニオンのほとんどのコンサルタントは博士号を取得しています。しかし、特定のバイオ医薬品に関する経験がある場合は、修士号があれば歓迎します。 データ・サイエンス・ユニットのコンサルタントはさらに、一般的にバイオ・インフォマティクスか計算工学などのデータ・サイエンスにおける経験が必要です。 コンサルタントの経験があれば有利ですが、必ずしも必要ではありません。

大手コンサルティング会社はあらゆる産業を対象とし、特に専門化していません。 カテニオンはブティックのようなバイオ医薬品コンサルティング会社で、医薬品企業とバイオテック産業のR&D戦略という特化したニッチェに焦点を当てています。そのため、顧客産業に的を絞った最もふさわしいサポートを提供することができるのです。 私たちのクライアントは、さまざまなサイズの医薬品会社、バイオテック会社、医療用機器会社、そして患者グループです。

簡単に言うと、私たちはクライアントが新しい治療薬を開発し、患者さんに届けるための最良の戦略を見つける支援をします。 クライアントのためにより大きいパズルのピースを集め、必要な質問をして答えを見つけ、クライアントが目標に到達するための最良の判断を下せるようサポートします。 そのためには、常にタイムマネジメントと優先順位付けを行いながら、必要な科学的知識やその他の情報を短期間の間に大量に集め分析しなければなりません。 カテニオンのデータ・サイエンス・ユニットが開発した独自のデータベースやその他のデータベースを用いて、疾病、医薬品、臨床試験結果、競合状況に関する様々な局面を分析し、クライアントに有意義な提案を行います。

コンサルタンとの仕事はプロジェクトが基本です。すなわち2,3カ月ごとに新しいプロジェクト、新しいクライアント、新しいトピックと向かい合います。そしてしばしば別の同僚とチームを組みますから、非常にダイナミックな仕事と言えます。 専門分野の性質上、私たちは日常的に異なった科学的トピックに取り組み、新しい知識を得ます。 この仕事は非常に厳しく、ペースが速く、時として心身を疲れさせます。 しかし、私たちは仕事を大切にしており、一つのプロジェクトが終わるごとに、認められ報いられたと感じることができます。それは、献身的に仕事をしてよかったと思える瞬間です。

プロジェクトのトピックと任務は、どんな質問に答えようとしているのか、クライアントのどんな目標を実現させようとしているのかによって、それぞれに大きく異なります。 しかし、以下にカテニオンがしばしば行う典型的なプロジェクトを紹介します。

  • プロジェクト1: クライアントがポートフォリオを拡張するために企業買収あるいは医薬品のライセンスインを検討している。 私たちの任務は、徹底的なスクリーニングを行い、最も有望でクライアントに適した企業またはアセットを見つけることである。 組織化された流し込み作業(カテニオンが確立したASAPという方法)を行う。まず該当する企業やアセットをすべてリストアップし、その中からクライアントのニーズに最も適した有望なものを2,3選ぶ。
  • プロジェクト2: クライアントがある適応症の医薬品を開発中で、他の適応症または他の治療分野への拡張を検討している。 私たちの任務は、当該適応症に関する様々な局面(例えばアンメット・ニーズ、市場規模、R&D上の障害)、さらにはそれらの適応症におけるクライアントの開発品の将来性を現在および将来の競合品との比較を行って徹底的に調査し評価することである。 私たちの調査の結果と提案に基づき、クライアントは適応症を優先順位付け、今後の臨床開発試験の設計を行うことができる。

コンサルタントは、デスクで調査や評価をし、結果をプレゼンテーションにまとめ、ミーティングに出席します。ミーティングは同じプロジェクト・チームの同僚と、あるいはクライアントのチームと行います。

この仕事は、データ・サイエンスの専門知識があり、特にバイオ・インフォマティクスか計算工学分野を学んだ人向けです。 この仕事に就く人には、カテニオンの他のコンサルタントと同じ任務と責任、福利があります。カテニオンのデータ・サイエンス・ユニットに所属し、計算方法の開発・応用やカテニオンのプロジェクト内でデータ分析を行います。 詳しくはデータ・サイエンス・ユニットのページをご覧ください。

人にはそれぞれ好みがありますから、カテニオンではフレキシブルな環境を提供しています。 カテニオンの本拠地はドイツ・ベルリンです。ベルリンのオフィスで働いて(コロナウィルス対策の制限内で)もらっても、プロジェクトに支障がない限り自宅で働いてもらってもかまいません。 カテニオンでは互いによく知り合いチーム精神を養うために、2カ月に1回、全員が集まって親睦を深めるようにしています。

パンデミック以降、当然のことながら外出や出張は控えており、ほとんどのミーティングはオンラインで行っています。 世界的な状況の変化にもよりますが、仕事や企業研修などのための旅行も再開すると思われます。

英語です。 仕事は英語で行いますが、私たちのチームは非常に国際的で、メンバー全員で合計15か国語以上を話します。

カテニオンでは、キャリアアップを明確にしています。すなわち、アナリスト→アソシエイト→マネジャー→プリンシパル→パートナーです。 修士課程や博士課程あるいがポストドックを終えてカテニオンに入った人は、アナリストから始めます。 業界での経験が十分にある場合は、アソシエイトかマネジャーから始めることもあります。 キャリアの見直しを6カ月毎に行い、コンサルタントは全員、次のポジションに向けて進む機会が与えられます。 経験を積み能力を磨くにつれ、主体的に仕事をする機会と責任が増えます。 小さい企業で働くことは、より強烈なインパクトとより大きな足跡を残す可能性があるということです。

最初の2週間は、カテニオンや私たちのカルチャー、私たちが用いるツールやプロセス、私たちが取り組んでいるプロジェクトのタイプなどに慣れ親しんでいただきます。 経験のあるチームメンバーが指導し、新しく身に付けた手法を適用する機会も与えられ、新しい同僚にも紹介されます。

カテニオンに応募する人は多く、採用プロセスに時間がかかることがあります。 一般的には、カテニオンで働く時期の3カ月から6カ月前に応募書類を送ってくださることをお勧めしています。

カテニオンは、あらゆる経歴とアイデンティティを持つ人々を歓迎します。 すなわち、 すべての性的指向、ジェンダー認識とジェンダー表現、人種、文化、出身国、社会的経済的階層、肌の色、在留資格、性別、年齢、身長、家族構成、政治的信条、宗教などを含みます。

応募はこちらから。

catenion

カテニオンで働きませんか?

カテニオンでは多様で国際的なチームを発展させるために常に優れたメンバーを募集しています。 応募するには、ライフサイエンス関連の分野における優秀な学歴(博士号が望ましい)と、優れたコミュニケーション・スキル、英語能力、そしてチームで働ける協調性が必要です。 既に戦略コンサルタントの経験があれば考慮しますが、必ずしも必要ではありません。 興味がある方は、「キャリア」のページから直接応募してください。

お待ちしています。

katarina ebert foto.1024x1024
bg tile square

カタリナ・エバート

HRマネジャー

これまでと今後のイベント

Jun 10th, 2022

Women in Big Data Berlin

“Why networking and personal branding matter?”

Jun 14th, 2022

Career Pathways Seminar Series

Max Delbrück Center (MDC) in Berlin

Jun 16th, 2022

Myth Busting: Careers beyond Academia

GSO (German Scholars Organization e.V.)

Jun 20th, 2022

Career Talk

University of Glasgow

Jul 7th-8th, 2022

IMPRS Neuroscience Retreat

University of Goettingen

Jul 7th, 2022

EMBL Career Day

EMBL Heidelberg

Aug 31st - Sep 1st, 2022

Advanced Therapies Europe 2022

Advanced Therapies Europe, London

カテニオンの合意事項

カテニオンでは、個人としてもチームとしても成長し、互いにエンパワーすることを目指して、以下のような合意事項を定めました。

思いやり

私は、同僚を大切にし、助けが必要と思われるときはいつも手を差し伸べます。

環境

私は安全な空間を作ります。私は正直で、責任感があり、人を信頼し、人からも信頼される人になります。

能力主義

私は、常に誰からもフィードバックを歓迎し、オープンで前向きな心でフィードバックを受け、また人にフィードバックをします。

事情

私は、反応する前に状況をよく理解するよう努力します。まず質問をし、相手の答えを注意深く聞きます。 私は、性急に反応せず、熟慮します。
私は、支援を惜しみませんが、それを押し付けることはしません。 私は、人をほめるときは人前で、建設的なフィードバックをする時は個人的にします。

共感

私は、他人の立場に立ち、その人の動機や状況を理解するよう努めます。他人に対しては親切にし、人の意見に耳を傾けます。 私は、異なった文化的背景や人格を認知し尊重します。
私は、感情の大切さを考慮します。

タイミング

私は、フィードバックを求めるときも与えるときも、前向きでタイミングを計って行います。フィードバックはできるだけ早く、あるいは必要なだけ遅く行います。 私は、積極的なフィードバックを直ちに行います。

ゴシップ

私はゴシップには関わらず、互いに責任を持ち合います。 ゴシップの定義: 2人以上の間で交わされる会話で、その場にいない人の業績に不利になるもの。