組織効率化

製薬企業における一つのチャレンジとは、組織要件のバランスを保つことです。将来成長のための創造的な環境を構築しなければならない一方、短期生産能力も要し、またその特徴的なビジネススタイルと専門的な高学位所得者の雇用を多く必要とすることより、製薬企業において効率的な組織バランスを保つことは難題とされています。

カテニオンでは、組織背景を考慮したユニークな洞察、フレームワーク、アカデミックや他業種での組織開発、ソフトスキルを組み合わせ、独自のオペレーティングモデルフレームワークをもとに、一定の期間、シニアマネジメントからベンチレベルまで集中的なやり取りを通し、組織改編に取り組んで参ります。

カテニオン式オペレーティングモデルフレームワーク

これまでのコンサルティング経験より、カテニオンが辿り着いた最も根本的かつ基盤となる一つの見解とは、組織デザイン及び、企業価値、信念、戦略を一貫した上での組織改編実施の重要性が挙げられます。
この企業一貫性を維持するために、カテニオンでは独自開発のオペレーティングモデルフレームワークによる、統合性、構造、人事、プロセス、文化的取り組みの向上に努めてまいります。